真面目で多忙な農婦

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

枇杷

我家の枇杷の木
姑の実家の枇杷は県下で一番大きな枇杷の木であるらしい。その木の枇杷を姑が健在の時、一家総出で枇杷狩に招待され、食べに食べた種が今3m?位かしら成長している。親木の実も美味しかったが、我家の枇杷も甘い!昨年は剪定しなかったので、花付がよく、間引く間引くと言いつつ、またもや小さい小さい実が塊の実が沢山とれた。種ばっかりで実は少ない枇杷を強制的に食べて頂いたが、まだまだ5cm~3㎝の実。これをどうしよう?
少し大きめの実→枇杷のコンポート  レモン入れすぎで酸っぱい(失敗)
次に大きい実 →枇杷酒(焼酎)
小さい実    →枇杷サワードリンク(りんご酢・黒酢)
        →種酒(ブランデー)
        →煮る          時間をかけて煮たが、苦味は残る
ネットのレシピを参考に1日がかりでしてみた。
はてさてどんなものに変身するやら?
枇杷の効能
枇杷葉の成分→ブドウ糖・ショ糖・果糖・マルストース・澱粉・デキストリン・酒石酸・クエン酸・リンゴ酸・タンニン・サポニンアミグダリン(ビタミンB17)が中心。あらゆる病気の原因となる汚れた血液を健康体に必要な弱アルカリ性の血液に浄化する働きがあるそうだ
枇杷種の成分→枇杷の葉の1200倍~1300倍のアミグダリン含有・ミネラルもバランスよく含まれる
アミグダリン(ビタミンB17)
1.血液をきれいにする
2.抗がん作用
3.痛みを和らげる
4.殺菌作用
5.花粉症の薬に使われる抗ヒスタミン作用と非常ににた働きをする事が分ったそうだ

枇杷種ナッツ→乾いた種を皮が焦げるまで乾煎りする。(生はもの凄く苦い)煎った種の薄皮を剥いて食べる。
枇杷の葉茶 →緑の濃い古い葉2枚程度・1.8L位のヤカンで沸騰煮出し、冷めるまで待つ江戸時代のお茶売りは枇杷の葉茶だったとものの本で読んだ事を思い出す
枇杷葉温灸 →古い葉の裏を体に付け棒状のお灸で義姉の看病をしていた事もあった。

義姉の看病をしている頃は枇杷葉温灸・お茶等の効能を知っていたが、義姉を送って後、枇杷の存在を忘れていた。枇杷の葉の焼酎付けが膝の水が溜まった症状とか痛み止めに効くと何瓶か作ったが、捨ててしまった。今指の関節に塗りた~いと思う。明日は作ろう!
枇杷の薬効に目覚めたが、枇杷の澁で黒くなった爪は農婦の手でも汚なすぎる(>_<)
                 
[PR]
by ookasu | 2008-06-30 01:52

学習

久方振りの復習
波紋に梅の花を散らし水滴をたらす
d0029826_02555.jpg

ジギタリスの根は心臓の薬。見ごたえのある花も葉も毒草である。花名を入れる
d0029826_026414.jpg

5ヶ月目に突入の孫の3ヶ月の泣き顔に大きすぎの涙・・・・
d0029826_0275163.jpg

してみたいフォトショップの初歩講座の解説見ながらするが、
できないものが多すぎる(>_<)
今日出来たのは3点である。
外は雨。今朝植え替えた菊芋はほっとしているだろう。
地震に合われた方々はご苦労な日常を送られているのに無情の雨。健康に気を付けてと祈る事しか出来ません。
[PR]
by ookasu | 2008-06-29 00:37

2008年6月の反省

2008年6月2日朝から雨
先週、職場で腰を痛めていたが、大分良くなったので、市役所の用事を片付けておこうと行く。
市役所のどこの自転車置き場に置こうか?と考えてこぐ・・・・えっどうなったの!
雨に濡れた素敵なタイル張りに転んでる私。ウゥゥッ頭が痛い!
「大丈夫ですか!」と声かけてくださる見知らぬ方に「はい」
d0029826_18251553.jpg

トイレで泥だらけの顔・胸の泥を落とす。左側頭部はみるみるタンコブ。左胸も段々痛くなる。
暫く様子をみて用事を済まそうとする。なんだか痛みが広がっていく。12時前だ。取り合えず
病院に行こうと自転車に乗るが、スカスカ進まない。チェンが外れている。何でかはめられない
痛む体でトボトボ病院に行く。12時5分閉まっている。総合病院の救急にかかる。
頭のCT、胸レントゲン異常なし。暫くして症状が出る場合があるとか・・・・・
次の日から話しも笑いも痛い。くしゃみなんかトンでもない!左胸から右胸に痛みは広がり肋骨のひび  完治するまで役1ヶ月とか。胸にコルセット巻ての日常生活
6月9日  職場は決算時なので、大迷惑がかかる。残念ながら退職の電話かける。
6月8日  三姉妹で 田に肥料撒く。
6月11日 三姉妹で トラクター初代かき。
6月15日 田植えはいつもの方にしてもらう。三姉妹田植え後の植えつぎ
娘ばかりにさせられないので少々無理をしたようだ。微熱が続く。2日ばかりゆっくり過ごす
今日は少し楽なので久方振りのブログ
「直してもすぐ寿命がきます」と自転車の主人。この自転車、8年前に車にはねられた時に前輪軸がはずれていたらしい。今回自転車の後輪軸は曲がっていた。自転車も私同様傷ついていたのによく頑張って動いてくれたものだ。友人曰く「もっとゆっくり周囲を確かめて乗らんと」そうなんです。年も考えずバタバタとせわしく行動するのは止めよう!これ以上娘に心配かけられない。
[PR]
by ookasu | 2008-06-17 19:14


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31